話題の漫画、口コミで評判のコミックを紹介していきます。

一度は読みたくなる漫画コミックの旅

ホラー

クルエラー ザン デッドの感想、あらすじ、ネタバレ

投稿日:

「クルエラー ザン デッド」はこちらから⇒

 

こんにちは、今日は、
クルエラー ザン デッド」をレビューしますね。

舞台となるのは、ゾンビが蔓延する日本社会、東京。
この設定だけで、パンデミック&パニックホラーが
予感されゾクゾクしてきます。

 

「クルエラー ザン デッド」のあらすじ

主人公の赤城マキ。
目覚めたときには、下半身丸出し。
そばには、意思疎通のできない少年が一人。

助けに来てくれた男性から周りの状況、
自分の身に起こった衝撃の事実を聞かされるも
「ドーム」へ行けと指示される。

 

「クルエラー ザン デッド」の感想

ゾンビ系のパニックがもし日本で起きたら…
拳銃社会ではない、日本ですから、
ゾンビを倒せる武器が圧倒的に不足していますよね。

登場するゾンビは、ランニングゾンビ(^_-)-☆

しかも疲れを知りませんから、
逃げおおせる可能だって少ないです。

自分がこんな世界で生きていくことになったら
早々にあきらめて、自分もゾンビになります

 

「クルエラー ザン デッド」のネタバレ

ゾンビ隔離された世界で生産できない社会。
こんな中での希望はありません。

その中で発見された「ワクチン」の存在。

ドーム内を支配、統制している管理グループが
ドームを捨て、「ワクチン」を手土産に、新たな地「台場」へと…

しかし、時同じくし起こった暴動により
大混乱となってしまったドーム内。

誰が生き残り、どこに希望を見出して生きていくのか…

 

どんな状態、状況になっても
人間の間には階級格差と差別が起こるという
言いようのない状態が印象に残りました。

こんな世の中に希望なんてありませんね。

ラストシーンは、とてもきれいに書かれていますが
確かな希望はありません。待っているのは、絶望です(+_+)

 

クルエラー ザン デッド
無料試し読みはこちら⇒

-ホラー
-

Copyright© 一度は読みたくなる漫画コミックの旅 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.